よくある質問


参加者はどのように決まりますか? 

 

 

当会主催のドッカンショー!は、1回の開催で6組12名を定員としております。応募者多数の場合、10日前に抽せんを行い、応募者全員に当落の通知をお送りしています。

 



参加費は本当に完全無料?

 

 

当会の活動は協賛会社や自治体、学校法人等からの支援で成り立っております。そのため、当会主催(もしくは共催)のイベントにおいて費用は一切かかりません。協賛企業からのプレゼントもあります。

 



本はマンガでもいいですか?

 

 

読解力を高めることを目的としておりますので、マンガはNGとします。ただし、イラスト入りの辞典類はOKです。

 



本当に1日で漫才台本が書けるのですか?

 

 

書けます。これまでに台本が完成せず、漫才披露できなかった子どもたちは1組もいません。ドッカンショー!では、上手な漫才を作ることを目的にしていません。あくまでもワークショップで湧き出たアイデアを台本に書き写すだけなので、誰もが簡単に短時間で漫才台本を作成できるのです。

 



読書は好きだけど、漫才なんてできそうにないのですが?

 

 

漫才台本さえあれば、漫才は誰にでもできます。必要なのは、少しの勇気だけ。これまでの開催では、内気で恥ずかしがり屋さんが舞台で堂々と発表したり、仲間内でもっとも文章の苦手だった子が誰よりも積極的に台本を書き上げたり。様々な例を見てきました。できそうにない子ほど、意外な才能を見せるかもしれません。

 



読書感想文は苦手ですが、大丈夫ですか?

 

 

大丈夫です。読書感想文は一度「いい子」になって、「いい文章」を書かないといけませんが、ドッカンショー!は本に対する「ツッコミ」や「ナゼ?」を大切にしています。苦手な子ほど、向いていると言えるでしょう。

 



漫才の発表会では、順位を付けたり、優秀なコンビを表彰したりするのですか?

 

 

一切いたしません。ドッカンショー!は漫才発表の優劣を競う場ではありません。独創性あふれるオリジナルの漫才台本を書き、舞台で発表する事ができれば、すべての組が満点です。

 



ひとりでも参加できますか?

 

 

当会主催のワークショップはひとりでもご参加いただけます。単独の申し込み者同士でコンビを組んでもらうか、コーチと漫才発表をします。

 

 

 

 

 


参加者の感想


  • ドッカンショー!が面白かったのでまた本を読みたいと言っていました。
  • 子どもの発想力のすごさ、広さに驚かされました。自分で考えて言葉にして笑ってもらういい経験をしたと思います。
  • 半日の間でよく作って、発表まで出来るものだと感心しました。子どもたちも達成感があったと思います。


  • 怒られたり、厳しいのかと思っていたけど、とっても優しくて楽しかったと話していました。
  • 普段の子どもとはまったく違う面が見れてすごく良かったです。
  • 読書感想文は書けませんが、楽しく漫才が書けたと嬉しそうでした。


  • めちゃめちゃ楽しかった~!と満面の笑みでした。自分たちでネタを考えて、小道具を作ったり、と初めてのことばかりでわくわくしたそうです。
  • 読書感想文は苦手なので大丈夫かなとドキドキしていましたが、1日目が終わってすごく楽しかったと言っていたので安心しました。
  • 楽しすぎるので、もっと何回も通いたいそうです。


  • (舞台で)子どもがふざけていてもコーチ達は温かく見守っていただき、ありがとうございました。大人になってからではなかなかできない「好きなようにする」っていうことを体験できたと思います。
  • 保護者の目がなく、本当にのびのびと出来ていたのが良かったと思います。
17アンケート写真