9/21.22ワークショップ風景①

 

コーチのよっしーです!

 

今回は特別に参加者の男の子・Sくんと、コーチの僕がコンビを組んで漫才をする事に!

他の子どもたちはそれぞれコンビやトリオを組んでネタ作りに取り組んでいたのですが、一人で参加してくれたSくんは創作の時になかなか輪に入れず戸惑っていました。

 

そこで、ポケモンなど共通の話題で徐々に打ち解けながら二人で綿密な相談を行い、漫才が完成!翌日の発表会で即席コンビ"メガロドン"として漫才を披露する運びとなりました。(ちなみに、メガロドンとは彼が好きな映画に出てくる巨大サメです)

 

 

そして、いよいよ迎えた本番当日。

会場に着いた時にはテンションが高かったSくんも、本番が近づくと少し緊張気味に。

出番前には横で「ネタを忘れてもフォローするよ」とささやいていたのですが…。

 

いざ本番が始まるとハキハキした歯切れ良い口調で"小学生ならではのぼやき"を軸にした

見事なしゃべくり漫才を見せ、お客様を笑わせていました。

 

 

終わってから二人で思わずハイタッチ!終演後にも固い握手でお別れしました。

僕が手伝った部分はほんの少しではありますが、Sくんと共に一本のネタを作り上げる作業は、一人で台本を書く普段の仕事では得難い貴重な体験となりました。