カテゴリ:2019年



お笑いが大好きな、笑(しょう)さん。 「笑」とは、「爆笑」の「笑」でなく 「失笑」の「笑」なんだって。 そんな笑さんの、お笑いセンスは? 「週刊文春」 「反対」 2つのキーワードをプラス。 発想を膨らませて出てきたのは…
こんにちは。コーチのたかです。 今回は、初めて大人の方限定。 いったいどんなワークショップになるのやら。 説明がはじまると、みなさん、しっかりとメモをとって話をきいております。 子どもたちのドッカンショー!とは違った雰囲気。 「これがプラス思考の発想法です。」 「なるほど。」 「ぐちゃぐちゃポンは略してGGPです。」 「なるほど。」...
ふだんは物静かだという、かよさん。 この日はノリノリ! エンドルフィン出まくり! 大ハッチャケ!
こんにちは。コーチのつっちーです。 ワークショップの「ぐちゃぐちゃポン!」では、異なる言葉が組み合わされた時に起こる、ズレや違和感を笑いに変えていきます。しかし、この日は何とも不思議なミラクルが! 参加者が様々なキーワードを書いて1つの箱に入れ、順番に引いていきます。 最初に出たキーワードが「細川護熙」。...
2019年10月6日まちライブラリー@東大阪文化創造館でのワークショップのひとコマ。
【読感書コーチのブログ】2019年10月6日 まちライブラリー@東大阪市文化創造館にて開催されたワークショップの様子をマリリンコーチがブログに書きました。
【ぐちゃぐちゃポン劇場】2019年9月21日22日に関西大学堺キャンパスひにて開催されたワークショップのブログです。
こんにちは!コーチのなかじです。 僕が紹介するのは「ムント」の2人。 2人が読んだ本は人間界にカッパが出てくる「カッパのぬけがら」。 そこから逆転の発想で「カッパの国に絶滅寸前の人間がたった一人」という設定の漫才を作ってくれました。
きょうは関西大学堺キャンパスで行われたドッカンショー!からのぐちゃぐちゃポン! 「おばけの夏休み」を読んできた「すしブラザーズ」 走るのが好きな エド と、いつもニコニコ笑顔の うし コンビ。 本のキーワードと好きな物などを組み合わせ、出てきたのが・・・
コーチのかよっぺです。   今回、姉弟で参加してくれた「はみスター」。 ぐちゃぐちゃポンの時、「脳性まひ」というキーワードが出てきてびっくり。実は二人が読んで来た作品は「4年2組がやってきた」(野村一秋・作)という脳性まひのマーくんと4年2組の生徒たちが交流するお話だったんです。果たしてどうやってこの題材を漫才にしていくのか!?

さらに表示する