詳しい開催方法

ドッカンショー!は、通常2~3日かけて行います。ルールさえ守っていただければ、どなたでも開催できます。

前向きにアイデアを生み出せるよう【プラス思考の発想法】を心掛けご指導ください。

 

19詳しい開催方法

ワークショップの流れ


【1日目】

ワークショップ1 

  • 自己紹介
  • 子どもたちへの質問
  • 本の感想を話し合う
  • ぐちゃぐちゃポン!の合言葉で2つの言葉を組み合わせ、テーマを決定

 

ワークショップ2 

  • 台本を書く
  • 台本へのアドバイスをする
  • 書いた台本を声に出して読む
  • 発表会の準備


2日目】

ワークショップ3 

  • リハーサル
  • 漫才の発表
  • 審査員の講評

【コーチの役割】

コーチは子どもたちの発想や表現力を引き出すサポート役です。子どもたちの考えを尊重し、指導しすぎないように注意しましょう。

 

詳しくは下の動画をご覧ください。

 



この動画教材は、「平成30年度子どもゆめ基金」の助成金交付を受け、関西演芸作家協会が作成したものです。

詳しいことを知りたい方へ

当会より無料で下記の資料及びデータを提供可能です。お問い合わせフォームに連絡先、団体名、代表者名をご記入の上、ご請求下さい。開催に向けてのご質問やご相談なども受け付けております。

 

 

【提供可能資料及びデータ】

  1. ドッカンショー!読書感想笑劇会 コーチ対象マニュアル(より詳しい教育理念や指導のコツ、ポイントが書かれています)
  2. オリジナル出囃子音源
  3. オリジナル原稿用紙
  4. プログラムテンプレート
  5. アンケートテンプレート
  6. 漫才台本見本×4本(プロの演芸作家が作成したもの)

 

ドッカンショー!読書感想笑劇会は、有料イベント (参加者や観覧者から参加費を募るもの)や入場料が必要な施設での開催はできません。また、無料イベントであっても現地で物販を行ったり、寄付金を募る場合も開催できません。

 

 

コーチの派遣をご希望の方はこちら≫